30代〜50代に向けた格安スマホ情報の専門サイト
格安スマホ解体新書楽天モバイル > 管理人一押しの「楽天モバイル」おすすめの端末セットを紹介!

管理人一押しの「楽天モバイル」おすすめの端末セットを紹介!

楽天モバイルおすすめセット端末

【お知らせ】

4月8日より、MVNOの楽天モバイルはMNO「Rakuten UN-LIMIT」と変更になりました。

これによりMVNOの楽天モバイルの新規受付は終了しています。

また、「Rakuten UN-LIMIT」のリリースを記念して300万回線の申込みまで、1年間基本データ使用料が無料となっています!

※追記:サポートエリアのau網も2GBから5GBへ。利用制限時128kbpsから1Mbpsへと改善になったことを受け申込みが急増していますので、検討中の方はお早めに!


当サイトで紹介している記事は旧楽天モバイルがベースとなっています。急いで修正を行っていますが全て完了するまでは直接公式サイトをご参考して頂けると幸いです。


また、MVNOの旧楽天モバイルとMNOの楽天モバイルでは、動作保証が異なるので申込み前に必ずご確認お願いいたします。

Rakuten UM-LIMIT へ

;

端末セット購入が他社よりも群を抜いてお得な「楽天モバイル」。

このページではただ写真だけしか掲載していないサイトとは違って、実際に管理人が購入して、本当に良かったと感じた端末だけを紹介しています!


↓乗り換え方法をチェック↓

楽天モバイルの申込み手順

楽天モバイルの端末セット

楽天モバイルは2019年2月15日の時点で、25種類の機種があり全て格安SIMとセット購入が可能です。他社を見てみるとわかるかと思いますが、MVNOで取り扱っているSIMフリー端末の多さは楽天モバイルが現在トップになります。

楽天モバイルのセット端末はハイエンド〜ライトスペック・初心者モデルといった顧客層が広いのが特徴ですね。

特に「nova lite 3」「ZenFone 5」や「P20 lite」は楽天モバイルに問わず、格安スマホ業界では現在(2019年2月)の時点で1・2位を争う人気っぷりです。

HUAWEの「P lite シリーズ」はコスパが良くて、ホント大好きです笑

HUAWEI Pシリーズの実機画像

その他にも、人気の「novalite」シリーズやおサイフケータイでお馴染みの「AQUOS」シリーズも揃っています。

それでは実際に管理人が購入した実機を踏まえて見ていきましょう!

HUAWEI nova lite コスパ最強SIMフリー端末

「nova lite」はフルHD5.2ディスプレイ、3000mAhのバッテリー搭載し、サイズ・性能・操作性全てにおいて高評価を得たSIMフリー端末です。楽天モバイルでは、分割払い981円、一括払い21,800円(音声通話SIMの場合)で購入が可能です。

実機レビューもありますので、合わせて参考にしてください。

HUAWEI nova liteレビュー

nova liteを見てみる

P10 lite 人気機種の後継機

人気P9 liteの後継機「HUAWEI P10 lite」になります。

とにかく「軽い!」と言ったのが最初の印象で、販売価格3万円を切る充実のスペックを誇るSIMフリースマホです。最近は5.5インチが主流になりつつありますが、サイズも5.2インチと手にスッポリ収まるサイズも使い勝手良し。指紋認証も搭載で便利です。

価格以上の性能を持ったP10 liteは楽天モバイルでもキャンペーン対象になっているので在庫確認はチェックしてみて下さい。

P10 liteレビュー

ZenFone 3 高性能&高級感満載!

発売と同時に在庫切れになるほどの人気っぷり。従来の「安っぽい」イメージから一遍して、上質ある艶やかなガラスボディに仕上がっています。2.5D局面で挟まれたボディはプラスチック感が一切なしで、アンチフィンガープリント使用で指紋が付きにくいのも嬉しいポイントです。

瞬時の指紋センサーも個人的な感想ですが、iPhoneよりも感度良しです。カメラも光速オートフォーカスや光学手ブレ補正機能を搭載して4K解像度の動画撮影にも対応しています。

また、最近話題の「ハイレゾ」再生に対応してるのでクリアな音質で音楽も聴けるのもgood!

販売小売り価格は39,800円ですが、楽天モバイルでは25,800円と破格価格なので迷わず僕も購入しました笑。

実機レビューもありますので、是非参考にして頂ければ幸いです。

ZenFone 3の実機レビューはこちら

iPhone SE (SIMフリー)

楽天モバイルでの取扱はありませんが、楽天モバイルの格安SIMはほぼ全てのiPhoneシリーズに対応(ドコモ版/SIMフリー版)し、最新iOSにも即座に対応してくれます。

SIMフリー版を購入し格安SIMで安く運用するのも良し、使わなくなったiPhone6やiPhone6sに格安SIMを挿して月額1000円以下で子供に使わせるのも良し!と活用の場は広くオススメです。

iPhoneSEの実機レビューはこちら

iPhone SE、iPhone6s/6s Plusがセット購入可能に

現在iPhoneを格安SIMとセットで購入できるのは「ワイモバイル(iPhone SE)」、「UQモバイル(iPhone SE)」となっていますが、2017年9月1日から楽天モバイルでもiPhoneの取り扱いが始まりました。

種類もiPhone SEの他に人気の「iPhone6s/6s Plus」を扱っています。

現在(2018年6月19日時点)では「iPhone 6s/6s Plus」は品切となっていますので、希望の方は「UQモバイル」が限定キャッシュバックもあるので一度チェックしてみてください。

スーパーホーダイで月額1,480円から運用可能

また、楽天モバイルのスーパーホーダイプランなら月額1,480円(プランS・3年契約)で利用可能となっています。

1年ごとに機種変更や他社へ乗り換えるする人にはメリットはありませんが、2〜3年くらいでは普通に使うので、長期契約してしまった方が恩恵は大きいですね!

また、キャリアと異なり自動更新はありませんので、契約期間が過ぎれば好きなタイミングの違約金0円で他社への乗り換えが可能です。

この他にも、楽天会員になってるだけで月500円の割引きが受けられるので、必ず楽天会員の無料登録してから申し込むようにしましょう。

スーパーホーダイを見てみる

楽天モバイルのセット端末はキャンペーンが多い

楽天モバイルはとにかく他社よりも「キャンペーン」に力を入れています。基本初月のSIMカード利用料無料と楽天モバイルを申し込んだ楽天会員は申込み以降ずっと楽天市場で取得するポイントが2倍になります。

その他、1ヶ月スパンでセット端末購入に限りポイントのキャッシュバックや対象の端末が半額になるなど他ではありえないキャンペーンを入れ替わりで打ち出しています。

楽天モバイルセット端末のまとめ

以上で楽天モバイルのセット端末の説明を終わりにします。

最後に1つ注意点としては、セット販売には「データSIM」と「音声通話SIM」の2種類に分かれます。それぞれ対象となるポイント額や対象になっているかどうがが異なりますので、申込み時は確認してくださいね。